MosPカレッジタイム

カレッジタイムとは

MosP勤怠管理は1日1勤務しか登録できないですが、
MosPカレッジタイムは資金元毎に1日複数勤務が可能な勤怠管理システムです。
大学様はもちろん、1日に資金元が違う勤務を複数回するといった勤務形態の会社様用の
勤怠管理システムになります。

特長

アルバイトの採用から勤怠集計までを一括管理


 様々な資金元で働くアルバイトの採用や勤怠管理を紙ベースで行う場合、
これまでの雇用履歴や現在の勤務内容の確認などだけでなく、雇用保険の加入要件の有無など煩雑な作業が発生します。
 また、同じ資金元でもアルバイトによって勤務時間や時給、有給休暇の取得方法なども違うため、それぞれの情報を照らし合わせながらの管理が必要です。
 そのお悩みMosPカレッジタイムが解消します。

採用申請書の自動作成


 アルバイトを採用する際に必要となる情報を採用申請機能にてWebより登録し、 申請することが可能です。
 登録する内容は、本人情報や時給、勤務内容、資金元など採用申請書を作成するのに必要な情報となります。
 Webより必要な情報が登録されると、PDF形式にて採用申請書を出力することが可能です。
 その際に、登録内容に応じて在留資格届や扶養控除の申請書など、採用するために提出が必要となる書類も同時に出力できるようになっています。

資金元毎の複数勤務に対応


 アルバイト一人に対して、複数の資金元での勤怠管理が可能です。
 資金元毎に採用情報を作成し、それぞれに時給や担当者の設定等を行います。
 アルバイトは、日々の勤務を登録していくだけで自動的に資金元毎の勤怠集計データが作成できます。
 また資金元は通常勤務の時間帯や、残業、有給休暇利用時などそれぞれに設定することが可能です。
 勤務実績が登録された勤務表も、個人の合算したものと、資金元毎のものが出力されます。

申請内容も幅広く


 勤務実績の登録だけではなく、住所の変更や利用する交通機関の申請、振込銀行口座の登録についてはアルバイトの方自身で行うことが可能です。
 そのため、提出された書類を確認しながら手入力する必要がなくなり、アルバイト数が増えた場合などにも人事担当者の負担が大きく軽減されます。
 また、手入力によるミスも防ぐことが出来ます。

機能一覧